So-net無料ブログ作成

和歌山ラーメン [ラーメン]

和歌山ラーメンは和歌山市のラーメンなのか、和歌山県全域にあるのかわからないのですが、和歌山市内や紀ノ川を渡った和歌山北部の専門店や大衆食堂で出されるラーメンだと思います。
「中華そば」か「中華」と呼ばれ、店先の提灯には「中華そば」の提灯、暖簾がある。
私も「ラーメン」なんて言わないです。「中華」です。
現地で聴いた話だと味は、①醤油ベースの豚骨醤油味、②豚骨ベースの豚骨醤油味とある。。。?
どう違うんだって?
②の方が豚骨っぽいんだと思います。
和歌山は醤油の産地に近く、スープの材料となる豚骨や鶏ガラ、魚介類を仕入れやすかったので、戦前から屋台のラーメン屋が軒を連ねていた。
和歌山ラーメンはTVで放映された「日本一うまいラーメン決定戦」で和歌山市の井出商店が優勝したことや、新横浜ラーメン博物館(私は地元なのに行ったことがない)に出店したことで全国区になった。
中華そばとミニ炒飯.jpgこれぞ和歌山ラーメン.jpg
麺は縮れのないストレート細麺で色は黄色。機械製麺で、手打ちはないようです。細い機械製麺だからか、麺の茹で加減は自然と固くなる。
ほとんど茹でない店もあるそうです。
具は刻んだ青ネギ、メンマ、チャーシュー。それと蒲鉾。蒲鉾にぐるっとまわったデザインのナルト。
ニンニク、背脂などは一切置いていません。
ズルズルッ.jpgストレート細麺.jpg
店で出される中華そばの量は少なめです。近年までこれが疑問で「少ねぇなぁ」って思ってたのですが、和歌山では中華そばと一緒に鯖寿司・・・紀州名物の早寿司ともいいます。これをを食べる文化があるからなんですね。
俺は「ラーメンと寿司かよ?」って違和感が今でもあり、コラボで食べた経験はありません。寿司を何かの葉で巻いているのが本物です。
早寿司は大抵、テーブルの上に置かれている。おそらくラーメンと一緒に寿司を食べる文化ってここ和歌山だけだと思う
ゆで卵も置かれている。置いてあるだけでトッピングとは違うんです。
深夜遅くまで営っている店だとおでんやどて焼き(ホルモン)が置かれている。客に見える位置で煮込んでいるんです。
ゆで卵はまだしも、寿司とラーメン、おでんやどて焼きとラーメンのコラボっていうのはどうもねぇ。
ゆで卵や寿司はテーブルに置いてあるので、会計は自己申告っぽい。水はセルフサービスの店が多い。
JR和歌山駅近くの三年坂通りというところに前述の「井出商店」という有名な店があるけど私は行っていません。イマイチそそらなかった。
他にJR和歌山駅の地下や駅前けやき大通りにある何とか言う食堂、南海和歌山市駅の地下や和歌山市駅近くの「光葉」という店で喰ったが、イマイチ印象が残っていないのです。
白浜へペンギンやパンダを見にいった時も駅前で喰ったが普通のラーメンだったので、これは観光客向けだったかも知れない。
味の暖簾.jpg味の看板.jpg
お品書き.jpgぶらくり丁の築地大通、交差点ドンキホーテ側にある「味」をおススメします。「千里十里」の向かいといっていい場所。
ここはおでんはないけど早寿司、どて焼き、唐揚げ、餃子、炒飯もあるのだ。寿司とのコラボのためか、餃子や炒飯がない場合が多いんです。中華料理という認識が薄いからだと思う。
何故この店かというと単に「千里十里」の向かい前にあるというだけの理由です。朝まで営っていて、この日は1階が満席で2階に案内されました。

1階には昔のぶらくり丁の写真がある。「撮っていいかな」「どーぞ」
昔のぶらくり丁写真1.jpg昔のぶらくり丁写真2.jpg
私は今でも和歌山ラーメンの定義がイマイチワカラン。東京だと何処が著名なんだろ。どなたかご存知の方いますか?
コメント(8) 

コメント 8

のん

こんばんは~☆

「井出商店」はずいぶん前に、新横浜ラーメン博物館で食べました。
1番列が少なかったので^^;

そして、先日、温泉公方が研修でご一緒した和歌山の方に送ってもらったラーメン、名前も忘れ、画像もありませんが美味しかったです。
結構、地元だと、マイナーなラーメン屋さんが美味しかったりするのでしょうかね?
by のん (2011-06-15 19:36) 

船山史家

列が少ないとはいえ、新横浜ラーメン博物館に出展してたんですか?
私は地元民でありながら、ラーメン博物館には行ったことがないのです。何処にあるんだろう。多分、横浜では本牧の「大将」が絶対的な存在だからだと思います。

「井出商店」は暖簾分けはないのかな。地元で支持されてるか観光客で埋まるんでしょうかね。正直、写真を見て「ウ~ム。。。」あまり惹かれなかったのね。店の場所はわかっているし前の道を走ったことは何回もあるんですがいつも素通りでした。
by 船山史家 (2011-06-17 07:08) 

ヒロ

お待たせしました。
まず関東における和歌山ラーメンについて。
ボクの愛読書『ラーメン発見伝』第20巻で和歌山ラーメンを取り上げています。
曰く、和歌山ラーメンが一躍有名になったのは、1998年に井出商店があるテレビ番組(たぶん「テレビチャンピオン」)で日本一美味いラーメン店に選ばれてから。ただ、関東圏ではブームに便乗しようとまがいものの和歌山ラーメン店が乱立、それらの店で食べた人が「なんだ、こんなものか」と失望し、ブームは急速に冷え込んだ、とのことでした。
結局、東京では美味い和歌山ラーメンの店はないのではないでしょうか。大阪にもいくつか和歌山ラーメンの店はありますが、ボクは行ったことがありません。
井出商店は3年ほど前に行きました。駐車場は他府県ナンバーのクルマばかりだったのを鮮明に覚えています。あの時は、スープがちょっとヌルかったのが残念でした(^^;

by ヒロ (2011-06-17 21:14) 

船山史家

ヒロ旦那の愛読書「ラーメン発見伝」?
それって数十巻もあるんですか。
まさか本牧の「大将」なんて載ってないですよね。家系はありますか?

私は数年前、東京の何処かで一度だけ和歌山ラーメンっぽいのを喰ったんですが、酔っ払ってたので記憶が。。。

まぁ私の中ではこのぶらくり丁の「味」が和歌山ラーメンなのかなと。「千里十里」の前だし。
by 船山史家 (2011-06-19 14:36) 

yujito

和歌山では必ずしも中華そば屋=中華料理屋ではありません。
あくまでも中華そば屋という一つのジャンルなのです。
おでんや土手焼きは元々屋台だった頃の名残です。
お寿司が提供されるのは和歌山のうどん屋さんに置いていた影響です。和歌山にはなれ鮨というお寿司が名産でその影響もあり早なれ寿司がうどん屋さんや中華そば屋さんに置かれるようになったと思われます。一部の中華そば屋さんには本格的ななれ寿司が置いてあるところもあり大変美味しいです(一つ250円位)。
和歌山の中華そば屋さんのなかには焼き飯や餃子を置いてある店がありますが車庫前系(醤油豚骨ラーメン=醤油の風味が強い 代表店 ◯宮 = TVチャンピオン一位になった店)に多く見られます。井出系(豚骨醤油ラーメン=豚骨臭が強い 代表店 井出商店)井出商店の説明についてはラーメン博物館のコメントを参照しました「ご当地ブームのまさにピーク。インスタントラーメンの発売や、首都圏での和歌山ラーメン出店ラッシュなど、ラーメンシーンそのものを牽引したとも言えるのがこの「井出商店」。行列待ち時間、一日の売上杯数、総売上数など数々のラー博記録を叩き出し、誘致から退店まで一度も行列の途絶えなかったその姿は「不沈艦」と呼ばれている。数多くのリクエストにより2003年よりレギュラー店として復活」現在は閉店(byラーメン博物館)。
その他にもニューウェーブ系として食べログで全国1位になった清騎(セイノ)などもあります。
ラーメン発見伝についてラーメン王石神さんもブログにコメントしてます。
https://ameblo.jp/ishigamihideyuki/entry-10049022139.html
行ったことはありませんが東京ではマッチ棒が有名だと聞いたことがあります。
ラーメン博物館は新横浜駅の近くにあります。
井出商店は和歌山県内にしかないですね。


by yujito (2017-10-21 03:35) 

船山史家

yujitoさんこんにちは。
コメントありがとうございます。
和歌山から離れて10年近く経ちました。今はぶらくり丁の居酒屋さんと年賀状の遣り取りがある程度です。
あの頃は毎晩食べ過ぎてましたね。飲んだ後のラーメンは別腹だったのです。今は飲んだ後のラーメンは止めました。
今でも通った店を思い出すことはありますが、もう代替わりしていることでしょうね。
和歌山は中華そば屋=中華料理屋ではなく、中華そば屋=ラーメン屋でもないようですね。
暖簾が掛かっていて一歩足を踏み入れると、「中華そば屋に他のメニューも混在している」、ような印象を受けました。それがおでん、土手焼き、寿司、その他、一般的なメニューなど。
餃子があって当然ではないし。固定概念を捨てないと。
群馬に1年住みましたが、あっちのラーメン屋には必ずモツ煮がありました。最初は意外でしたが海が無いから肉を余さずといったところでしょうか。モツ煮が不味いと営っていけないようです。
和歌山の井出商店は前を走ったことはありますが未訪に終わりました。車庫前系もよくわかりませんが、かつて走っていた和歌山市電の車庫に因むものでしょうか。
私はホテルから近い場所に出ていた赤い暖簾を潜った程度なんですよ。
立川のラーメンスクエアに和歌山ラーメンを謳った店が試験的に出店しているのにも出くわしましたが。
http://funayama-shika-3.blog.so-net.ne.jp/2015-03-20
ルックスは似ていますが、何かが違うような気がしましたね。新和歌山ラーメン、新、が付いていました。
新横浜のラーメン博物館は行ったことないのですよ。地元なのに。意外と新横浜まで行くのが面倒でして。清騎は知らないです。
でももう私には和歌山ラーメンのように濃いスープは身体が受け付けないような気がします。
ご訪問ありがとうございました。
by 船山史家 (2017-10-21 17:42) 

yujito

車庫前系の代表格◯宮について(食べログのURL)
https://tabelog.com/wakayama/A3001/A300101/30000175/
この店は味噌ラーメン、餃子、焼き飯、その他中華料理屋にあるようなメニューもあります。どちらかといえばアッサリ味です。
場所は和歌山市と海南市の境目近くにあります。
中華そばの店では少し異色かもしれませんが和歌山には喫茶店でも中華そばを提供している店もありますので一概にはいえません。
by yujito (2017-10-22 00:40) 

船山史家

yujitoさんこんにちは。
今、大雨の中を投票に行ってきたことです。
海南市、黒牛の蔵元があるところですね。
和歌山出張滞在中に海南市にも求人を出したことがあります。休みの日に駅から和歌山県立自然博物館まで歩いたら莫大な距離でした。バテたので帰りはバスでしたが。その先にあったとは。
和歌山で味噌があるのは意外でした。炒飯と呼ばずに焼き飯とも。
見た感じ濃く見えますがアッサリなら今でもイケそうです。
東京でも和歌山ラーメンを謳う店はあるようですが、見てもわからないんですよね。
by 船山史家 (2017-10-22 11:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。