So-net無料ブログ作成

彼女は年上(仮題) [居酒屋]

魚が美味しい親分の店には女性スタッフが2人いて、曜日を決めて別々に勤務、親分をサポートしている。
仮にAさんとBさんにしておきます。
いつの日からか、私らはBさんの勤務曜日を狙って行くようになった。別にもう一人のAさんがどうとかではなく、俺らがお目当てのBさんは見てると飽きないというか、オモシロいのです。
ズッコケてばかりいる。
客が誰もいない時はカウンターに座って足をブ~ラブラさせながら親分と談笑してる。そこへいきなりガラガラガラって扉を開けると慌てて立ち上がり、後頭部を壁にぶつけ、「い、いらっしゃいませ」
座敷に上がろうとしたけどサンダルが上手く脱げなかったり、店内をバタバタ闊歩して転びそうになったり。
いつかは厨房から絶叫が聞こえた。何か薬味を入れ忘れたらしく、「あぁ~っ!!カァツオォブゥシィ~!!」
親分は苦笑いしてた。
親分から皿の色指定があった時、そのお皿は山積みの一番下にあった。ガチャガチャ音を立てながら、
「お皿、下から引きずり出してるよ」(ジャン妻)
「そのうち、上からお皿崩れてきて割れるな」(私)
ワクワクしながら見てた。

Bさんの動作を見て吹き出しながらジャン妻の話かけを無視してるとジャン妻は怒り出す。私を見なさい、私の話を聴きなさいって。
カツオ待機中.jpg店内.jpg
Bさんは一生懸命だがオッチョコチョイで、Aさんはごくフツーの女性(だと思う)というか、しっかり者のイメージ。ところが今日は木曜なのに二人ともいた。予約の宴会が入っていたようです。親分入れて3人体制になっていた。
親分は気合入っていた。
バッツンバッツン音を立てて、アンコウを骨から分断している。
俺らのカウンター上には予約客のアンコウ鍋が三つ並んでいる。
処理済~気合入る親分.jpg鍋が三つ.jpg
鍋を覗いちゃった1.jpg鍋を覗いちゃった2.jpg
鍋が座敷に出された後、カツオの造りが、貨物列車のように並んだ。
カツオが並んだ1.jpgカツオが並んだ2.jpg
親分は宴会客の料理を造りながら、
「合間に仰ってくれればやりますから」
「うん。じゃぁ、キンメと石鯛と・・・」(私)
「アンキモ」(ジャン妻)
アンキモ.jpgホウボウだったかな.jpg
宴会客を迎える準備で忙しいこの時、店入口左の小上がりにも別の接待か何かのお客さんがいて、俺らが入ってしばらくしたらお勘定して出て行かれたんだけど、そっちの対応、片付け作業も加わり、店には失礼だが、こんな活気のある日もあるんだな~。
金目鯛.jpg石鯛.jpg
見てると、親分が大事なことを指示する際、例えば「鍋、火をかけといてくれよな」とかの肝心要の指示をする時はAさんかBさんの名前を呼ぶんだけど(2人いるから名前を呼ばないと指示が伝わらない)、名前を呼ばれる回数は、圧倒的にAさんの方が多い。
サザエ.jpg塩麹焼き.jpg
鮭茶漬け1.jpg鮭茶漬け2.jpg
11人の宴会客が座敷に収容され、鍋とカツオの一気出し、後は勝手に飲ってくれ状態になった頃、カウンターにいる俺らの前には親分ともう一人の女性、斜め後ろに俺らが笑ってる女性が立った。
「2人とももう長いの?」
「○年ぐらいです。二人とも前の職場の後輩なんです」
前の職場が何かは聞かなかった。飲食店かレストランだろうか。○年という年数は短くなかったので結構前からの付き合いのようです。
誰が言いだしたのか忘れたが、干支と年齢の話という女性に対しては禁断のネタになり、親分の年齢は置いといて、Aさん、Bさん、ジャン妻、そして私の4人、寅年を基準に年齢のあてっこみたいになっちゃったんだけど、一番、若かったの誰だと思います?
驚くなよ。
私だったんです。私が一番、若かった。
おっちょこちょいで若く見えるBさんは、私の1歳上だったのにオドロキ。
本人もオドロいたみたいで口数少なくなっちゃった。

その次に行った時です。
今日もキンメ.jpg〆サバ.jpg
お通しの塩味湯葉.jpgサバ塩焼.jpg
この日はチリ鍋をいただいた。
コンロ.jpg雑炊の準備.jpg
銀ダラチリ鍋.jpg雑炊だよ.jpg
22時過ぎて、親分が業者との打ち合わせで座敷に入った時、カウンター向こうのBさんに訊いてみた。
「この店長いんでしょ。居心地いいんだ?」
「もう○年になりますから。。。」
「この店って給料いいの?」
「またそういうことを訊くっ」(ジャン妻)
「ええっと、他を知らないので。。。」
他にも二つ三つ聞いたけど、Bさんは、頑張って働かなきゃならない人なのがわかった。

お店のお品書きを担当するのはBさん。
ヤタラと修正の跡が多いぞ。
修正液?.jpg処理済~大沢親分の店.jpg
店を出る時、
「じゃぁまたね、(1歳上の)おねーさん」
Bさんは、「あ、アタシ、おねーさんになっちゃったんですねっ。」[あせあせ(飛び散る汗)]

昨夜22時半ぐらいだったかなぁ。私、ジャン妻、チエさんの3人で歩いてたら、片付け中の親分とバッタリ。
Bさんは店のマットをバタバタバタバタはたいて片付けてた。
コメント(10) 

コメント 10

雨曇子

もしかしてこの店ミシュランに載ってます?幹事さん必見blogです。
by 雨曇子 (2012-12-04 09:43) 

船山史家

雨曇子さん。
ミシュランどころか、この店は何処にも載っていません。検索しても出て来ないんですよ。
あんまり居酒屋やグルメばっかりでもなんなので、ちょっと違う記事もUpしようかな。
by 船山史家 (2012-12-04 17:49) 

雨曇子

刺身も分厚いし、鮟鱇鍋などおいしそうなので、まだ忘年会の会場を探している幹事さんは、この船山blogを参考に、この居酒屋に決めたらいいのにな。という気持ちです。
本気で、ミシュランに載っていると考えたわけではありません。
おいしくて堅実、すぐれた群馬のグルメを愛情をこめて紹介くださったこと、すばらしいですよ。(本気です)
by 雨曇子 (2012-12-04 21:24) 

みく

ジャンさん
「にゃんこ♪」をリンクして下さってありがとうございます。
「ほっこり」は恐らく来年からは更新しないと思うので、
とても有り難いです。
コトがいなくなってしまって、かなりテンション下がっていますが、
まぁ、気楽になんでもありのブログとしてやっていこうかな、と・・・。
そんなブログですが、どうぞよろしくお願い致します。
by みく (2012-12-04 22:14) 

みみん

親分のお店は本当に魚が美味しそうですね。
ジャンさんも撮り方がうまいのか、どのお皿も魅力的♪
かつおの貨物列車は笑えました〜。
昔、子供の頃によく入った某駅前の2階にあった不二家レストラン、長い貨物列車が通る度に揺れてたことを思い出しました^^

親分さん、盛り方のセンスが素晴らしいですよね。美しい。
ツマもちゃんと作ってあって美味しそうです。
特に大好きなサザエの刺身に眼が釘付け♪

うちの旦那、まだ帰ってきません。一体、何日会社にいるんだろ。
午前2時にはタクシーで帰れるとはメールあったけど。ほんと、マジキチ集団です^^;おかげで今また1缶チューハイ開けちゃいましたよ。
by みみん (2012-12-05 00:46) 

チエ

そろそろSo-netメンテナンス終ったかな。

先日は有難うございました^^
楽しくて、ついはしゃぎ過ぎてしまいました。
典型的な酔っ払いになってしまいまして…
これに懲りず、また構って頂ければ幸いです。

あん肝が美味しい季節になりましたねー!

by チエ (2012-12-05 12:07) 

船山史家

雨曇子さん。
最初の鍋は座敷の宴会用で鮟鱇鍋です。私が喰ったのは銀鱈のチリ鍋でこれが美味かった。素材がいいとあっつさりした鍋でもこんなに美味いもんなんだなぁって思いました。
この店がグルメ本に載ったらBさんが大変です。バタバタして卒倒しかねない。お皿ひっくり返して全部割っちゃうでしょう。
私が雨曇子さんの地元に住んでたら地元グルメを愛情込めて辛口で紹介しますよ。前は公用の圏内でもあったんですがね。
by 船山史家 (2012-12-05 19:22) 

船山史家

みくさんこちらこそヨロシクお願いします。
実はこのBlog、容量がもう満タンでストックが入らなくなりました。続編はスタンバイ中ですが、左の表示だと「船山史家の呟きⅡ」なんですが、OPENすると「船山史家のささやき(未成線)」になっちゃって。管理画面でタイトルを変更したんですが、表示が変わらないんですよ。オカシイな。
続編でもリンクしますのでヨロシクお願いします。
コト嬢が旅立ってからテンション落ちてます?
私は帰還が決まって、これでもテンション落ちてるんですよ。でも頑張ります。
by 船山史家 (2012-12-05 19:22) 

船山史家

みみんさん。
冒頭のカツオはこれから各席に取り分ける前のものです。
小皿に一人ずつ、一気にカウンターに並びました。回転寿司みたいですね。一つ、さらってやろうかなって思ったくらい。
サザエは大きかった。歯応え良し、甘味と苦みが混ざり、海無県とは思えない美味しさでした。焼魚も秀逸なんですよ。この店に出会うまでは居酒屋で肉ばっかり喰ってましたから。
アナゴにも自信があるそうです。「刺身を食べる習慣がもともとない街で、魚の店が少ないから・・・」この路線にしたそうです。

>某駅前の2階にあった不二家レストラン。。。
ありましたねそういう店が。
旦那さんお疲れさまです。タクシーの運転手さんにとってはいいお客さんかもですが、仕事とはいえ泊まりが続くと大変。旦那さんは、みみんさんという良妻あってこそ頑張れるんだと思いますよ。
by 船山史家 (2012-12-05 19:24) 

船山史家

チエさん、ソネブロメンテナンスは午後に終りました。チエさんのメンテナンスもバッチリで今宵も飲みでしょうか。お若いから復調も早いでしょう。私は最初、年齢差にちょっとだけ愕然としましたからね。
マスターも女将さんも、天然ママも嬉しそうでした。でもママは最初、気付いてなかったですよね。途中で「あらぁ?」なんて言ってたし。
暴言はしなかったつもりですが、何か失礼な発言があったらご容赦。次回は酔っぱらう前に天然ママか、くいもの屋かな。味一味なんかもいいかも。
by 船山史家 (2012-12-05 19:27) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。