So-net無料ブログ作成
検索選択

梅ふく~お幸せに&お帰りなさい [居酒屋]

路地入口1.jpg路地入口2.jpg
暖簾1.jpg処理済~頑張るご夫婦.jpg
旅に出ます.jpg今宵は雨で、私一人でカウンターです。
「奥さんは?」
「東京へ」
「旅に出ちゃったんだ」
「出張ですっ。明日の夜、帰ってきますよ」
「じゃぁこれなんだね。」
ここでマスターは、後ろを向いて。背中を見せた。
旅に出ます探さないで下さい・・・
「あのねぇ。帰って来ますよ。何ですそのTシャツは?」
「これ?松尾芭蕉のTシャツ」[わーい(嬉しい顔)]


空いてます。
最初、カウンター右端に男性客が一人いたけど、「この後、東竜に行くんだ」って言って出て行かれた。
「ええっと、カワハギですね。すぐやります。ちょっと今、お客さんが立て込んじゃって・・・」
どこが!! 
「誰も客いないじゃん」
「すぐやります。信号待ちで5分くらいかな」
おでんー2.jpgスパサラ.jpg
カウンターに常連さんが集ってきた。
小上がりにも男性客4人、女性客が3人。殆ど満席になった。
小上がりから、「今夜のホテルは何処?」っていう会話があったから、泊まりでこの店に来るお客さんもいるようです。
カワハギ1.jpgカワハギ2.jpg
カワハギが来たぜ。
マスターは、「お待たせ~。今日は飲んでないから早いでしょ?じゃぁ軽くビール」って言って飲み始めた。別のお客さんのオーダーには、「今日は飲んでないから遅いでしょ?」なんて言ってたからアヤしいもんである。
なめろう.jpgニシン.jpg
この店にはBGMはない。
厨房の上に薄型小型のTVがあって、懐メロが流れてる時が多い。
「焼酎ロック?お湯割りね。そういえば水割りっていう歌あるけど、お湯割りって歌ないね」

小上がりから天ぷらのオーダーがいった。
揚った時、「天ぷら、松茸でなくてスミマセンねぇ」なんて言ってた。それを見て、揚げ物は、マスターが酔ってないウチに先にオーダーした方がいいなって思った。この狙いは次回、活かされることになる。
マスターが飲みだしたのはその頃から。常連さんにススメられるままクイッ、クイッと飲んでましたね
「お客さんは奥さんと仲がいいね~、いつの時代から一緒だったの?御神酒徳利みないなもんだね~」
私は赤面した。
いない人(ジャン妻)の話題なので、私は苦笑しながら適当に相槌打つだけである。
処理済~カウンターから厨房を見る.jpg処理済~マスター.jpg
白菜漬.jpg白菜漬をお願いした。
これがすぐに噛みきれないくらい固かった、というか、相当な歯応えがあった。
歯の弱いお年寄りには無理だろう。
顔をしかめて噛む私は鬼の形相になってたようでママが大笑いである。
「何ですこれ?」
「固いでしょ。アタシが足で踏んで漬けてるから」
そしたら常連さんから、「ママが足で踏んだら木端微塵になる」って。


銀盤.jpg銀盤熱燗.jpg
徳利を4本飲んだ。そろそろ引き上げ時である。
「もう帰るの?もう少し飲まなきゃ体が悪くなっちゃうよっ。でも毎度っ!!ありがとうございましたっ!!」って背中に浴びて路地へ出たんだけど、何か物足りない気がする。忘れ物をした気分。
引き戸を開けて、店ん中に顔を突っ込み、
「ねぇマスター、お幸せにって言ってくれないのっ?」
「あっ、ごめんなさいっ!!毎度っ!!お幸せにっ!!
雨の田町ー1.jpg雨の田町ー2.jpg
この後、一旦、部屋に戻った。
そしたら東京の社員(女性リーダー)から着信があったので折り返したら、そのリーダー他、3人でジャン妻への温泉へのお誘いだったのです。
(この3名は登場してます。全員独身です。辞めるタイミングを見失った10年社員ばっか。)

そのお誘いなんだけど、儀礼上なのか、気遣いなのか、一応、私も誘われたんです。
でも・・・
この地を去り難く思ってる今の俺が、東京の社員に会っていいのかな?
東京の社員に会ったら、帰りたくなっちゃうのかな?
何か気が引けてね。こっちでは「帰りたくねぇ」、東京では「なるべく早く戻れるようにする」、こんな矛盾を抱えた今の俺がお誘いに乗ったら悪いなって思ったのもある。辞退しちゃった。
「是非、誘ってやってくれ。女性同士で盛り上がってくれ」って。俺も加わっても、部屋割りとかあるし、女性4人で男性俺1人っても気を遣うだろうしね。

(その旅館名を聞いて、後で調べたら凄い老舗旅館だった。。。)

その他、社内東京で起きてる問題点が幾つか聞かされて酔いが覚めた。その電話は20分くらいだったが、携帯を切った後で、(飲み直すか。。。)
また外に出たんです。雨は上がっていた。BARかCaféを探したんだけど、うさぎCafé辺りが手頃なんだが、カウンターが満席だった。
(どうしようかなぁ・・・)
他の店を探すのが面倒くさくなったのね。いいやもう「梅ふく」で。再度、暖簾をくぐったのです。
再び.jpg暖簾2.jpg
「お帰りなさいっ」
アタリマエのように言われましたね。
「どーしたんですか?」
「酔いが覚めた。」
先刻と同じカウンター席に座って飲み始めた。
おでんー3.jpgまた赤貝.jpg
小上がりにいた女性客3人は勘定をすませ、「マスター、お幸せにって言ってぇ~」って甘え声を出し、顔を赤くしたノリノリのマスターはこれ以上ないってくらいの力強い大声で、「お幸せにっ!!」
その後、静寂が訪れた。
TVではアド街が映ってました。見たら湯野上、大内宿だった。
マスターと大内宿や会津談義をしたように思うがよく覚えていない。上州で会津の特集番組を見るのは何だか複雑な気分だった。高級旅館「藤龍館」や、湯野上の有名フレンチはランキングに出てたけど、蕎麦宿は映らなかった。
私は熱燗2本を飲んで、赤貝とおでんをつまで30分。もう1回、「お幸せにっ」を聞いて帰った。

あの店のカウンターにいると、幾らでも飲めそうな気がする。自分では酔ってないつもりだったけど、東京の部下の電話と、梅ふくや上州の人情を天秤にかけて、いつしか眠りに堕ちていったのです。
「お幸せにっ。。。」
いい送り言葉だと思います。
コメント(2) 

コメント 2

チエ

おはようございます。
いつもいつも楽しく拝読させて頂いてますが、この記事好きです。
時系列は違えど、同じカウンターに座っている気分になります。
マスターの酔いどれ節も、そのまま再生されて響いてきますよ。
ほっこりしました。
先日、梅ふくに飲みに行った時は、後ろの小上がりの客が突然クラッカー鳴らしやがりまして… 心臓飛び出るほどに驚きましたが、その後に充満する火薬臭にも気分をやられました。
ママさんが注意して下さいましたが、どうにももう駄目で、大滝酒場で二本飲んで帰りました。
年内にもう一回くらいリベンジしたいなぁ。
その時は駄目元でお声かけして良いでしょうか。
そうだ、前の記事、“髪短くした”じゃ私じゃないと思いますよ(笑)
職業を話したことあったっけなぁ。覚えていませんが、どれも間違いじゃないので適当に言ってくださってかまいません^^
路地に狸の絵なんてあったんですねぇ。全くの気付きませんでしたよー。
確かにマスターに似てる!(笑)

温泉、どちらのほうなんでしょ。
急にまた寒くなりましたもん。きゅーって染みるほどの熱い湯に浸かりたいものですねぇ。
by チエ (2012-11-30 08:10) 

船山史家

チエさんおはようございます。
今朝は5時起きでした。今日明日はこっちにいます。散策にでかけようかと思ってたんですが、雨が降って来ちゃって洗濯物(1週間溜まった)を入れたトコです。
何かヘンな天気ですね。時折陽が射したり。西の方は真っ暗。

大瀧も硬派でいい店です。昨夜はくいもの屋でした。さんざん載せましたが季節のメニューが一部、変わりました。(サンマのフライ→サバのフライに)
ボトル入れてあったとはいえ、「ウソだろ?」って思ったくらい安かったので、「大丈夫かこの店?」って心配したくらい。
ボックス席に子供連れがいましたよ。別に違和感なかった。

今日の記事もまたまたこの店です。初めてマスターが揚げたフライを頂きました。さすがに火と油を使ったのでマスターの目は真剣でしたよ。
小上がりでクラッカーパンパン??
何かのお祝いごとだったのかな。でもそういうイベントをする店じゃないですよね。小さい店だから火薬臭は鼻につくし、クラッカーの中身が飛び散ったでしょう。
路地の狸の絵、吹き出しつけて「お幸せに」ってあればいいかも。でもホロ酔ったマスターの生の声の方がいいですね。
>年内にもう一回リベンジ。
ではリベンジの際は私らも同席させてくださいませ。暗号了解です。ヨロシクお願いしま~す。
by 船山史家 (2012-12-01 10:35) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。