So-net無料ブログ作成

Z女史の昆虫パニックシンドローム [人間ドラマ]

女史の支店前の花壇1.jpg処理済~女史の支店前の花壇2.jpg
Z女史の支店は正面入口、歩道と店との境目に小さい花壇が置いてある。
雨さえ降ればいいんだけど、日照りが続くと、支店の誰かが水をやらなきゃ枯れてしまう。
たま~に、ごくたま~に女史がジョーロで水をやっているのを目撃したことがあるけど、大雑把に直線運動で水をブチまけるだけ。そこらじゅうが濡れてる。終わった後は店の入口が打ち水みたいになっている。
はっきり言って下手。私の方が丁寧です。

滅多に水をやらないから枯れる時には枯れる。その枯れた花は事業ゴミか何かで廃棄するんだけど、ある日、休憩室にいた俺んトコに、女史がバタバタバタって走って入って来てドアを背にしてハァハァハァハァ荒い息遣いをしながら蒼い顔してる。
何だ?どうした?何が起きた?
「お花を捨てて欲しいの」
「はァ?」
最初、何のことかわからなかった。この人は主語がなく、いきなり短絡的な指示をするので店の人は女史の早すぎるアタマの回転についていけない。
「アブラムシが。。。」
「アブラムシぃ?」
前にも載せたがZ女史は雨が嫌い、納豆が嫌い、電車が嫌いというか苦手、プラス、虫が大嫌いなんですよ。
薮蚊程度でもイライラ。目を吊り上げて両手でパチンパチン叩きながら追い回してます。蛾とかもダメみたいだね。
滅多にないけど店内にゴキブリでも出ようならもう大変。蜂の巣を突いたような大騒ぎになる。
「イヤャァァァァァッ!!虫よ虫よっ!!」
たかが虫じゃねぇかって。で、アブラムシがどこにどうしたかっていうと、女史が店頭の小さい花壇、枯れた花を捨てようとゴソッと引き抜いて、都で指定された事業ゴミ袋に入れっ放しにしといたら、そのゴミ袋の中にアブラムシが大量繁殖だか増殖したんだと。もともとその枯れた花の葉か茎に付いてたんでしょうな。
女史は目を剥いている。顔面蒼白です。
捨てりゃいいだけのことじゃん。明日は朝一番で事業回収ゴミのくるまが来るんだし、今日の閉店後に指定の場所に出せばいいだけのことなんですが、時計を見るとまだ午後で閉店時間までまだ3時間ちょっとある。要は、そのアブラムシが湧いたゴミ袋に素手で触りたくないのと、閉店までの数時間、店内でゴミの中に湧いたアブラムシと同居したくないってことなんです。
大袈裟なんだから。
俺は内心、呆れて失笑しながらそのゴミ袋に他のゴミを詰めて外へ出した。ものの1分もかからない作業。それだけのことなんですがね。
「ゴメン出してくれて。ありがとう。アブラムシ触るの嫌だったでしょう」
今まで顔が強張ってたのにもう顔が緩んでる。別に俺はアブラムシなんか直に触ってないし。感謝されるほどのこたぁない。ゴミを出しただけです。
ホントにアブラムシだったかハッキリ見なかったんだけど何故この時期に。その日は何だか暑く気温が高かったからだろうか。
処理済~Z女史の後姿2.jpg「虫が苦手なの?」
「うん」
苦手なもの、嫌いなものの多い人である。
「家にゴキブリとか出ないの?」
「出るわよぉっ!!出るに決まってるでっしょうっ!!出ようもんならもう大変!!」
「出たらどーすんの?」
「息子たちにやらせるワ」
あっそう。3人いる息子さんも大変だな。ちょっと待て。俺はアンタの息子どもと同レベルに見られてんのかい?
コメント(2) 

コメント 2

ナワ~ルド@峠おやじ

嫌いなものが総じてへばりつくようなものってのはわかるけど、電車はわからない。

豪快なくせにやっぱ女性ですなあ。虫嫌いは仕方ないかも。

あの手塚治虫のことも嫌いなんか聞いてみたいですわ。
by ナワ~ルド@峠おやじ (2011-11-24 06:31) 

船山史家

ナワさん今日もZ女史に会います。
ったく今月末に行政に提出する届出が全店分あるんだけど、女史ん店舗だけ遅れたんです。他は終わってるのに。
俺は先月から女史に「早く記載してよ。店から直に提出するんじゃないんだよ。その後で本社にある代表社印押さなきゃなんないんだからさぁ」
つまりですね。女史が記載して、それを一旦、本社に持ってって法人印を押して、それを私が行政に届けるっていう手順なんです。
ところが女史は先月から、「まだ間に合うわよね」「11月末までよね」ってず~っとほっぽりっ出したしたままだったんですよ。
先週、「できたわよ」
あのねぇ。俺は女史んトコの支店の書類だけ処理してんじゃないし、支店兼務もあるから行ける日や曜日が限られてるんだって。やり出したら早いんだけどやるまでが遅いんですよ彼女。
by 船山史家 (2011-11-25 07:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。