So-net無料ブログ作成
検索選択

鈴乃家(横浜市営地下鉄〇田駅) [居酒屋]

横浜市営地下鉄〇田駅で地上に出ると拡張された長後街道の二車線をくるまがビュンビュン飛ばしている。その辺り一帯は暗く、人通りもまばらなのだが、よ~く目を凝らして見ると、なかなかそそる店がある。
                                                 ↓後日写真挿入予定
以前掲載した店.jpg未だ未訪問.jpg
鈴乃屋.jpg長後街道の裏にあるこの居酒屋は2010.10.29と2010.12.30に2回掲載しています。その時は店名を伏せました。
この店の情報は少ないので店名を出すのに躊躇したのですが 「鈴乃家」といいます。
着物屋さんじゃないですよ。
アテというより、ママの家庭料理。




お通し・茄子揚げ浸し.jpg落花生の箸置き。この写真の撮影後、皮を剥いて中身を喰ってしまう私。剥き方が下手なのでそこらじゅう落花生の皮だらけになるが、それはさておき、前にも書いたがお通しが楽しみなのだ。
今日は茄子の揚げ浸しだった。魚の切り落としの煮物だったり、おでんだったり、肉じゃがみたいな煮物だったり、マカロニサラダだったり。残り物でやっつけで出すような店じゃない。2010.10.29の記事では、お通しをお代わりしてジャン妻にたしなめられたが、最近はOKみたい。

定番のお品書きは黄色い紙で貼ってある。その日のオススメはホワイトボードに必ず四品ある。
最初のビール注文でボードを指差し
「(オススメの)二番目と三番目!!」
「二番目と三番目ね」(ママ)
この日はグラタン(前は定番だった)とカキフライ卵とじ
これでワンコインですよ。財布にやさしい。
そしてレバ刺!!
下手な焼肉屋より遥かに美味いゼ。必ず喰います。
カキフライ卵とじ.jpgグラタン.jpg
絶品!!レバ刺!!.jpg竹輪磯辺揚げ.jpg
満州焼.jpg定番お品書.jpg
レバとつくね.jpgグイ呑みを選ぶ.jpgお茶漬け.jpg
店内は地元の常連客、オヤヂたち、年配の女性、若いサラたちが、「ますたぁ、聞いてくれよぉ」みたいな感じで声高に話しかけてる。脱サラのマスター(作務衣姿)や料理上手なママ(普段着)がニコニコ顔で応対している。この店で一番マナーのいい静かな客は私らです。自信持って言えます。ホントよ。

静かな店じゃないし、お世辞にも彼女を連れてく店じゃないよ。店内は旧くて綺麗じゃないし。小上がりの畳は真っ黄色で摺れている。テーブル席なんか昔の食堂みたいなヤツ。銘酒が揃っているわけでもない。
ただ、食い物が安くて美味いのですよ。マスターもママも客の撒くクダクダが楽しくて仕方が無いって感じ。
一度、二階をグループで借りたことがあるが、やはり1階の喧騒な雰囲気がいいですね。

夜10時半過ぎるとクーラーの中の焼き物が下げられ、ママは何処かへ下がってマスターひとりになる。11時になったら暖簾がしまわれ、そのタイミングでお勘定。
厨房は段差がある。そのせいかマスターは腰が悪く、ママは昨年、足を骨折した。それでも店に立っていた。細く長くでいいからこの店は出来るだけ末永く存続して欲しいもの。(水)休。
コメント(4) 

コメント 4

遠霞(とおがすみ)

そそられますねぇ~レバ刺。
関西だと生ギモというはずです。去年あそこで食べたのが…と、思い出されるのですが、まぁそれはおいといて…

いつ頃お戻りになられるのかな?いまはまだ朝餉中でしょうか?
by 遠霞(とおがすみ) (2011-02-19 07:53) 

船山史家

遠霞さん戻りました。
昨夜は何処の宿かすぐバレちゃいましたね。
た~くさん取材して来ました。私の取材に渋々嫌々付いて来たジャン妻はは最後の方はとうとう、「一人で行ってきなさい。私はくるまの中にいるから」って同行を拒否りやがったんですよ。

レバ刺が光ってるでしょう。歯応えがコリコリなんですよ。

「鶴の湯」続編見ましたよ。凄いドカドカ雪ですね。雪子は秋田県の冬生まれなんですよ。「鶴の湯」知ってるか何かのついでに訊いてみよっと。
by 船山史家 (2011-02-19 17:13) 

遠霞(とおがすみ)

おおっ♪
お帰りなさいませ。

昨夜のお宿は、あまりに簡単でした。たぶんあの写真を見せれば、十中八九、誰でも当てられそうな気がします(笑)
それより、メールの語調が口調そのままだったので、妻とメール見ながら大笑いしました。

それにしてもどこを取材なさったのでしょうか?宿の周辺だけではなさそうですね…??
by 遠霞(とおがすみ) (2011-02-19 17:31) 

船山史家

簡単過ぎましたかねぇ。4年ぶりの再訪だったのですが、当時に比べて私もそれなりに各方面を知ったので、何か小さかった気がしました。Up準備中です。

取材は宿周辺だけじゃなく、あの宿の跡地や、城塞2箇所、函南の洋風レストラン1軒他、数箇所です。もしかしたらスイーツも。
by 船山史家 (2011-02-20 08:44) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。