So-net無料ブログ作成

迷える子羊・T君の無断欠勤事件 [人間ドラマ]

既に都心には春一番が吹いたが、これは1月の夜の話。
寒かった。
凍えた。
芯から冷えた。
凍えながら埼玉県の東川口駅、武蔵野線ホームにいたのです。時刻は8時。
東川口駅ホーム2.jpg東川口駅ホーム3.jpg武蔵野線が来た.jpg
何故こんな時間に川口くんだりにいるかというとですねぇ・・・
3年生社員で一人、無断欠勤したヤツがいるんですよ。
仮にT君としておきます。
T君は支店長に休む旨も理由も連絡せず、同じ支店にいる同期のP子にメールだけ送信して来た。「体調悪いから休みます」って。
支店長は「何故自分には連絡がないのか」と憤慨した。というのはインフルエンザで1名欠員なところへその子が無断欠勤したから2欠になり、祭日連休明けで待合室はいつもの1.5倍の大混雑。待たされた患者が怒ってくってかかって荒れたという。
もっともその支店長は日ごろから雪子に叱咤されてるくらいリーダーシップが弱い。だがそういう休み方をしていいワケがない。
T君の携帯鳴らしても出ないそうである。
出先で報告受けて、正直、私はT君に失望した。そういう子だとは思わなかった。この程度の常識もない子だったのかって。
「風邪かなぁ」(お節介で優しいYoko)
「風邪でも普通、連絡くらいしろよ社会人なんだから」(最近、キレ気味の肉子)正論である。
「インフルエンザかも」(心配性の雪子)
もしT君がインフルエンザなら5日間出社停止になる。代わりを手配しないと店が回らない。
別の支店にいる同期のD子(2010.12.10に掲載)が言う。
「まさか事件に巻き込まれたんじゃないですか?」 [あせあせ(飛び散る汗)]
オイオイ、驚かせんなよ。この事件は私の上役にすぐ伝わった。上役は普段、問題児U子には眉をひそめるがT君には甘い。この日、私は行政への届出でお役所グルメ③に登場した某所に行ってたのだが、支店と本社から連絡が来て「T君の家へ行って様子を見て来てくれ」というんだな。
えぇ~って思った。2欠になったのでその支店からは誰も様子を見に抜けられない。私がT君の家へ行くのはまぁいいが、行ってどうなるものでもない。首に縄付けて連れて来るたって現地に着くのは夕方だぜ。
「見に行くだけでいいから」という。わかりましたよ。でも遠いんです。埼玉の某駅から徒歩20分。日没後になった。冬の日の入りは早い。真っ暗で家探すのって難しい。

実は伏線がある。
T君は昨年12月末、私にメールして来た。
「6月に2週間休みたいです。許可して貰えますか?」
俺は呆れて激怒した。「2週間も休むなら辞める覚悟で休むんだな。2週間後には机がねーよ」って突き放したらシクシク泣き出しちゃって、辟易した俺は言葉態度を和らげ、「2週間も休んで何をするんだ?」と訊いたら、仕事仕事で毎日がときめかないとか、ワクワクしないとか、気分転換だか何かで「外国に行きたい」というのである。
5月病かなこれ。
たった2週間程度で外国に行って何が変わるのか。何故6月なんだろう。半年先ではないか。
「前金を支払う期限がもうすぐなんです」
「まだ半年先だろ。その時に周囲が、T君不在の2週間は自分たちで頑張りますって納得するかどうか。それはお前の頑張り次第だ。辞める覚悟で前金支払って来い」って突き放した。あの時、俺が突き放したのが無断欠勤の原因ってわけでもないだろうが。

所属長に申請せずにアタマ越しに私に許可を求めるのも如何なものかと思ったのだが、所属長は「それでT君が変わるなら別にいいと思います。でも辞める覚悟は必要ですよね」というものであった。
私に「T君の様子を見てきてくれ」と言った私の上役は、「それでT君が生まれ変わるないいんじゃないか」とか。随分甘いなぁ。

T君の家は閑静な住宅地にあった。薄暗く、痴漢や引ったくりの出そうな場所だった。
チャイム鳴らす。
なんと、あっさりT君が出てきたのです。「ハッ」[がく~(落胆した顔)]とした表情だった。
「どーした?」
「いえ…」
「インフルエンザか」
「違います」
「風邪か」
「いえ・・・」
はっきり言えっ!!自分のした事がわかってんのかっこの野郎っ!!って激高しかけたが、夜の閑静な住宅地。玄関口で声荒げたら近隣から通報されかねない。
「気持ち的な理由です」と来たモンだよ。五月病か。
「今日は先週からYがインフルエンザで休みで1欠だったのを、お前が急に休んだから2欠になったんだぞっ、店が回ると思ってんのかっ」
この時だけハッとしていた。
「同期のP子にメール送って支店長に連絡しなかったのは何故だ?」
「…」うつむいて答えない。
「P子は店の責任者じゃないだろーが。そのメールは昼過ぎだったそうだが連絡が遅れた原因は何だ?朝起きれなかったのか?」
「時間(定刻)に起きました。でもダメだったんです」[もうやだ~(悲しい顔)]
いまどきの子ってこうなんだろうか。
「もういい。詳しい事は後日聞く。少なくともインフルエンザでも事件に巻き込まれたのでもないのはわかった。明日は?」
「明日はもともと公休なので明後日は大丈夫です。ちゃんと行きます」
当たりめぇだっ!!ってまた激高しそうになった。
どうも私はT君のようにうんでもスンでもない気弱なキャラは対応に向かない。
「じゃぁ明後日、まず支店長に詫び入れろ。他スタッフ(肉子、雪子、Yoko)にもだぞ。詳しい話は後日だ」
「すみませんでした」
その場はそれで収めた。
本社へ報告する。「Tは事件に巻き込まれてませんでした」上役は「ああ、よかった」安堵していたが。

その後、支店長に謝罪したようだが、現在はちょっと気まずい雰囲気と、もう許してあげなよ何かあったんだよって空気とが混在している。
「あまりキツいこと言わない方が・・・」(Yoko)
キツいことって何よ?!俺が何言ったっつーの。ちょっと甘過ぎないかウチの会社。

T君のその後は後述するが、さて、どーやって帰ろうか。場所は川口市の郊外なので、埼京線の最寄り駅から湘南新宿ラインで帰宅しようとしたら何を間違ったか冒頭の東川口駅に来てしまったのだよ。来たの初めてですよ。「ここは何処だ?何故俺はこんなトコにいる?」ってなモンですよ。
そしたら武蔵野線ホームから眼下にラーメン屋の灯りが目に留まったのです。
ホームから見た桑原亭.jpg桑原亭味噌ラーメン葱もやし入.jpg
寒いのと腹減ったので一旦、改札から出たのね。
「桑原亭」といいます。
私がカウンターに座ったら満席だった。
寒いので味噌味のねぎもやしバター入りにした。
ちょっと待ちます。
味は濃い。
しょっぱいというんではない。濃いんです。案外、イケました。
思わず「生ビール!!」[ビール]
ラーメンでビール飲んだのは人生初。「ビールが合うラーメン」というか。二杯飲んでしまった。それくらいビールの肴に合う濃い味だった。
ちょっと今までにない味だったので後日調べてみたら案外有名な店だったのです。詳細はYouTubeグルメウォーカー【ラーメン屋桑原亭 東川口店】をどうぞ。
喰いながら「T君は明後日、ちゃんと来るかなぁ」みたいなことを考えてたので、マズそうに喰ってるように見えたかも知れない。でも暗澹たる胸中や凍えた体を一時でも温めてくれてありがとうと思ったのです。
いつも混んでるらしい。人が集まる場所はそれなりに個性があって美味しいんでしょうな。丁寧な接客で感じよかったですよ。
すっかり温まったのでT君の同期で「事件に巻き込まれた」って心配してた”大うわばみのD子”に電話した。
「無事だった。家にいたよアイツ」簡単に説明したら、
「Tは何か悪い方に思い詰めるともうそればっかりになっちゃって周囲を受け入れないんです。予備校時にもそういうことがありましたよ。自分の日常が仕事中心というか、毎日毎日そればっかりなのが嫌らしいんですよね」
「社会人向いてねーんじゃねーか」
「向いてないと思いますよ」D子はハッキリ言った。
社会人に向いてないぃ?!
だったらウチに入社すんなっつーの。また暗澹たる気分になりかけたが、5月病かなぁ。現在は何事もなかったように出社しているようだが。
T君無断欠勤日に食した味の濃いラーメンとして「桑原亭」は記憶に残るでしょう。

だが・・・
社会人に向いてない・・・?
そういう子をどう受け入れて補正したらいいのかね。
今日まで会社がT君を罰したという話も聴かないし、何事もなかったように来ているようです。
ガァガァ言うと泣いてしまうので私も知らん顔。

T君は前金支払ったらしい。
先日、白状しやがったんだが、行き先はなんとニュージーランド・クライストチャーチだったんですよ。[あせあせ(飛び散る汗)]
「まさかお前、行くんじゃねーだろーな。被災地だぞ。瓦礫だぞ」
T君は悲しそうな表情で「支払っちゃった前金は仕方ないけど、キャンセル料幾らかかりますかね」
知るか。だが行くのは止めたのはわかった。
「ニュージーランドじゃなくても他に行きたいです」
[がく~(落胆した顔)]・・・
ええ加減にせーよコイツ。是が非でも休むつもりか。
オチはまだ先になりそうだが、一旦筆を置きます。
(劇中に登場するT子、P子、D子は、過去に登場したU子の同期です。3年生ですよ。もうすぐ4年目。いい加減しっかりして欲しいモノだ。)
コメント(8) 

コメント 8

横G

3年目っていうと今回の就職難の前の入社ですよね( ̄~ ̄;)

娘が聞いたら働きたくても職が無いのにそんな奴は辞めちめー(`へ´)って言うでしょうね(;-_-+

義務は果たさず権利は主張し、人から言われた事しかしないしそれすら満足に出来ないしすぐ拗ねるし…(-_-メ)

最近の若ー奴、特に男子にこの傾向が強い気がするー( ̄~ ̄)ξ
by 横G (2011-03-01 07:09) 

船山史家

おはようございます。
この記事Upしたら横Gさん怒るだろーなーって予想はしてましたよ。

会社が甘やかしとるんですよT君を。今日までこの件で罰していないみたいだし。支店の人たちも優しいというか、T君には甘いですね。赦しちゃったみたいです。

朝イチで連絡しなかったのがマズかったですね。T君が唯一連絡した同期のP子もちょっと問題があるんですが、同じ支店内に同期がいるってのはよくないですね。お互い傷口舐めあってるようにしか見えない。

一番の問題児は今でも例のU子なんですけどね(苦笑)。一番マトモなのは文中「事件に巻き込まれたんじゃ」って心配したD子かな。

朝から怒らせてごめぇんなぁさぁいぃ。あっ、それと この桑原亭は結構有名なラーメン屋みたいですね。そうそう行けないですけどね。
by 船山史家 (2011-03-01 09:09) 

似非 師匠

横Gさんのおっしゃるように、こういう人種がいるんですね。
ウチにも似たようなのがいるのですが、いくら罵倒されてもめげない
ところだけは感心というかあきれているというか・・・・
by 似非 師匠 (2011-03-01 09:22) 

ゆかりん

今日はお休みなんですね。次の記事を書いている所^^;でしょうか?
史家さんは何だかんだ言っても熱い人っていうのがT君にも伝わっているんじゃないでしょうか。受け止めてもらえるっていうか・・・。
んでも、会社に連絡しないで休むっていうのは失格ですね。学生の頃は休む時、親が連絡しなきゃ信用されなかったけど、社会人になると本人が連絡しないと信用されないんですよね。それが、社会人ってことなんでしょうが。
何かあったのかもしれないから、家まで見に行くってのは優しい会社ですね。

しっかし、行き先が・・・だったなんて。。。
by ゆかりん (2011-03-01 15:10) 

船山史家

師匠、お久しぶりです。
似たような子、いますか?
何処にでもいるんでしょうかねぇ。これからの時代、ますますこーいうキャラが増えてくるかもですね。

当初、この記事はカテゴリがラーメンで、その「桑原亭」のタイトル予定だったんですが、私が何故、川口くんだりでラーメン喰ったかという前奏を書き出したらそっちの方が長文になっちゃって。(爆笑)
思い切ってタイトル、カテゴリ、内容変えました。
「桑原亭」さんには申し訳ないなぁ。まぁ温まったので、生涯忘れるこたぁないと思います。ちょっと他にない味だったんですけどね。妙に生ビールが合う味でした。
by 船山史家 (2011-03-01 16:01) 

船山史家

ゆかりんさん、今日は休みました。今日みたいな休みの日って時間が経つのが早いです。

私はこういう時だけ熱いんですよ。瞬間湯沸かし器です。
日頃から「俺は何か問題が起きた時しか熱くならん」って方言しています。
会社がちゃんとしてりゃ、私みたいなのは要らないですよ。

よく「家に行って様子を見てきてくれ」ってぇのが業務で認められましたよね。ちゃんと経費も出ましたよ。自腹で行った方がカッコいいんですけどね。
後で聞いたら俺に「様子を見てきて」って行った上役はその日の夜はお偉いさんの送別会だったそうです。それをジャン妻から聞いて「本社にいなくてよかったゼ。絶対そんな飲み会行きたくねーモン」って。

せめて朝、電話して欲しかったですよね。昨日も何事もなかったような顔して勤務してましたけど。

行き先には驚きました。まさかと思って問い詰めたら白状したんです。さすがに両親にも言われたみたいです。
by 船山史家 (2011-03-01 16:14) 

ヒロ

こういう若者、どこにでもいるみたいですね。
でも、幸か不幸かウチの社ではあまり聞かないです。ボクの後輩・同僚にもいない。かつて、先輩で大酒して休む人はいたが、それでも朝の電話だけはきっちりして来ていました。起きれるんやったら来いよ、なんて思いつつハイハイと受けていましたが。ボクらが若い頃はそういう人は「豪傑」と言った感じで許容される一面もありましたけど、今はそういうわけにはいきませんな~。
報道を聞いただけでですが、横G兄さんの仰るとおり、本当に最近の若い男子に多いような気がしますね、こういうタイプ。


by ヒロ (2011-03-01 21:23) 

船山史家

ヒロ旦那、どーもです。

ここ数年はさすがにありませんが、私も大酒して休んだことはありますよ~。若気の至りというか。

T君はその日の朝、何かがキレてしまったんでしょうかね。
T君は同期が他に6人いて、皆、今年の春で4年生なんですが・・・
P子・・・(この子は遅刻が多い)
U子・・・(前に連載して反響多かった。現在でも最大の問題児:爆笑)
D子・・・(デカいからD子。このBlogではまだ端役ですが、姐御肌で一番マトモで大人。大酒呑み。昔のスケ番タイプ)
K子・・・(地味なモノクローム美人、寿退社)
A君・・・(K子と二人して社内浪人したあの子。美人で明るくて、誰もが注目する太陽のような子)
S君・・・(これも美人なんだが史家の琴線には全く触れない一般人)

T君とP子とD子は予備校仲間なんですよ。
いい加減しっかりして欲しいです。あっ、T君は女性ね。地味でおとなしい子です。
by 船山史家 (2011-03-01 23:32) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。